MENU

【FF2FC】ゲーム開始アルテアの町~ガデア村到着まで【攻略プレイ日記】


ストーリー性の向上、キャラクター育成方法のシステムなどが一新されたRPG、FF2。
今回からFF2のプレイ日記もスタートとなりました!
一体、どんなストーリーが描かれ、攻略もどれほどのものなのかを体験していきましょう!

本記事はプレイ日記となりますので、ストーリーが進んでいくことによってネタバレになる可能性があります。今後遊んでみたいと思う方はクリア後に読むことをオススメします!
ネタバレOK!遊ばなくても構わないというかたはどうぞ好きにお読みいただいて構いませんのでよろしくお願いいたします。

目次

開幕は、戦闘から

FF2を開始すると、いきなり戦闘シーンから始まります。
どこぞの帝国兵を4体相手にするという状況でどこまでできるのか?
ちなみにキャラクターの名前は原作通りフリオニール、マリア、ガイ、レオンハルトで進行していきます!
さて、それでは戦闘開始!

はい、3ターンで戦闘終了しました。

イベントバトルお決まりの全滅でしたねこの戦闘。
こんな昔でも全滅イベントを入れていてこういう演出があることに感心しちゃいます。

全滅から復帰し、目を覚ますと何やら2人の人物が話しています。
どうやらフリオニール達の復帰を待っていたらしいですね。
話したその後は、帝国がバフスクで建造中の大戦艦による総攻撃の対策会議へと急いで向かっていってしまいました。

起きると1人だったフリオニールは部屋を出ると外で待っていたマリアとガイと合流します。
ただレオンハルトだけ居場所が分からないと話題に・・・
これはレオンハルト抜きで話がしばらく進みそうですね。

その後、マリアとガイを仲間に加えて歩き始めることが可能となります。
そのまま近くにある大きな扉に入ってヒルダ王女と会うことに。
反乱軍に加えてほしいと希望するも、ヒルダ王女はフリオニール達に相応の力がないということでこれを拒否します。
フリオニール達に「のばら」という合言葉を教え、アルテアの町で暮らすようにと促されることになりました。

合言葉とは?

今後、物語を進めるにおいて重要となってくるシステムの一つです。
合言葉を一定のキャラクターに尋ねることによって新たな情報を収集できたり物語を進行させたりと何かと使うことになります。
また、合言葉は話しかけたキャラクターから覚えることでどんどん増やしていくことが可能です。
町のキャラクターに話しかけて手当たり次第に合言葉で使えるワードが出てきたら拾うようにしましょう!

反乱軍アジトとアルテアで情報収集!

そしてようやくここからフリオニール達を動かすことが可能となります。
まずは周囲を散策し、情報収集といきましょう!
反乱軍のアジトとアルテアの町で収集できた情報は以下の通り。

反乱軍のアジトでの情報
  • のばらはフィンの国の紋章。捕らわれた人々はフィンに集められたといううわさがある。マリアの兄であるレオンハルトもフィンの町にいるかもしれない
  • アルテアから東に行くと港町パルムがあるが、間に大きな湖があってカヌーが無いと行けない
  • アルテアから北に行くとガデアという小さな村があり、今のフリオニール達の実力だとそこに行くのがやっと
  • フィン王は矢を腰に受け、今は娘のヒルダが王の代理をしている
  • ここはアルテアの町の反乱軍のアジト
  • カシュオーン王国のゴードン王子がアルテアの町に来ているが、何やら自信を失っているようだ
アルテアの町での情報
  • 世界一の盗賊ポールは帝国軍の金庫からがっぽり稼いでいる。今はフィンに家があるが帝国に占領されて帰れない。反乱軍からは盗まない義賊。
  • カシュオーンの王子だったゴードンは、兄のスコットが討ち死にしたとき逃げ出してしまった。戦いに志願したいが、ヒルダに拒絶されるのが怖くてうじうじしているようだ
  • 武器屋にいるトブールは反乱軍一の腕の良い鍛冶屋だが、最近は元気がないようだ

アジトでは上記のような情報が得られました!
とりあえずフィンとパルムにはまだまだ行けそうになさそうですね。
代わりにガデア村ならば徒歩でも可能そうなのでガデア村に向かっていくのを候補にしましょう!

アルテアの町では特にすぐ利用できるような情報は無さげでしたね・・・
代わりにお店でどんなものが売っているかを確認してみましょうか!

ナイフ:150ギル
つえ:250ギル
ジャベリン:300ギル
ブロードソード:400ギル

装備品やアイテムはかなり充実している感じですね!
ただ、一部は明らかに買えないような値段で売られているのも散見されます。
エリクシャー50000ギルとか高すぎだろ・・・
最初はお決まりの装備品充実、魔法の習得を中心に進めていきましょうかねー
整えたら魔法の本を買ってマリアに覚えさせましょう!

魔法は誰が覚えられるの?

基本的にFF2ではだれでも魔法を覚えられるようになりました。ただ、全部の魔法を覚えることは不可能で数に制限が備えられております。
むやみに全部を覚えさせることはできないので必要な魔法などは随時考えて選ぶように注意しましょう!

それではアルテアの町を出て、フィールドを散策してモンスターと戦ってみましょう!

アルテアの町周囲のモンスター紹介

今回のFF2もFF1FCと同じくターゲットの自動変更は敵を倒した時にありませんので、攻撃先を分散するようにしましょう。
また、今回はシステムが変更し、レベルではなく戦闘スタイルによってキャラクターの成長するステータスも変わっていきます。
例えば、敵の攻撃をくらってダメージをうけることでHPが上がったり、魔法でダメージを与えると魔力が上がったりなど攻撃方法などによっても変化するのでFF1よりも育成感がだいぶ増しました。
今回はレベルの概念が無いのでここはしっかり覚えておきましょう!

ここからはモンスター紹介にうつりますね!

ゴブリン

特に特殊攻撃も無く、要はただの雑魚モンスター。
HPも高くないため、ターゲットを分散して倒していきましょう!

レッグイーター

ゴブリンと同様に雑魚モンスターで青いとぐろを巻いたのが特徴の雑魚モンスター。
ゴブリンより逃げ出しやすいのが特徴かな?
ゴブリンと大差ないのでターゲットを分散してまとめて倒しましょう。

ホーネット

HPはかなり低く、マリアの攻撃でも一撃で倒せる可能性もありますが、高確率で毒状態にしてくるのが厄介なところ。
そこだけには要注意し、戦闘が長引かないようにしていきましょう。

いざ、ガデア村へ!

約1時間かけて装備と魔法を充実させてみました!
さて、それではガデア村へ向かいましょう!
整えている間にキャラクターも成長したので道中の心配はないと思いたい・・・
そんな中、アルテアの北にある橋を渡っていくと割と早い段階でガデア村に到着しました。
良かった近場で・・・

道中は本当に短く迷うような道もないので安全に進むことが可能でした!
さて、次回はこのガデア村での情報収集とストーリー進行となります。
それではお疲れ様でした!

©1988, 2021 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved.
LOGO & IMAGE ILLUSTRATION:©1988, 2007 YOSHITAKA AMANO

関連商品

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

25年以上ゲームを経験してきた30代医療従事者。
RPG、FPS、ACTなど様々なゲームに触れてきたことを活かすために当ブログを開設したのがきっかけ。
現在は仕事と育児を両立しつつゲームをしてブログ記事を鋭意製作中。

コメント

コメントする

目次
閉じる