【FF1】氷の洞窟~飛空艇入手【攻略プレイ日記】


グルグ火山と同じくらい新モンスターが待ち受けるダンジョン、氷の洞窟。
前回はマリリス戦を無事終え、火のクリスタルを入手したところで終わりました。
今回は氷の洞窟の行き方やモンスター、攻略を紹介していきますね!

夜月明菜

マリリス戦攻略を参考にしたい方はこちらの記事も参考にみてはどうかしら?

本記事はプレイ日記となりますので、ストーリーが進んでいくことによってネタバレになる可能性があります。今後遊んでみたいと思う方はクリア後に読むことをオススメします!
ネタバレOK!遊ばなくても構わないというかたはどうぞ好きにお読みいただいて構いませんのでよろしくお願いいたします。

目次

行き方に難儀する氷の洞窟

氷の洞窟の情報はほとんど無く、行き方に多少難儀しました。
という勝手に着きました(笑)
まずはクレセントレイクの町につながる港から北の方へ陸沿いに向かいましょう!
そうするとプラボカの近くにある港が見えてくるのはわかるでしょうか?。
ちょうど海と河の境目が存在し、そこからカヌーを使用して細い河を通っていきます。
あとは地図を見ながら中央地点に向かえばOK!

少し迂回をする形でカヌーで移動すると洞窟の穴を発見!
到着したら洞窟の目の前でテントやコテージなどで回復と一緒にセーブするのを推奨します。
道中をまた通るのがめんどくさいので!

後半の穴がくせ者な氷の洞窟

中に入ると広い道となっており、最初はほぼ一本道となっています。
特に迷うことなくどんどん進んで構いませんね!

このダンジョンでのポイントは穴です。
穴に落ちることで別の階層に行くことが可能ですが、落ちる穴を間違えると一向に進まなくなるのでどの穴が道を繋いでいるのかを覚えておきましょう。
ちなみに宝箱右上から落ちることで正しいルートを行けます。
そうすることで浮遊石を難なくゲットできるでしょう。

というわけで浮遊石をゲットしました!
で、どこに船があるの??(笑)

押し寄せてくるモンスター紹介!

というわけで今回もモンスター紹介となっております!
簡単に1匹ずつ紹介しましょう!

スペクターはそこそこ攻撃力が高いですが、レイスなどと同じくディア系やファイア系がよく効くので余裕があれば魔法で一掃するのも一つの手段。
数が少なければ物理で倒そう!

大群で押し寄せてくる可能性があるのがこのウインターウルフです。
大量に湧いて吹雪を使ってくるのでしっかりバコルドで対策をしましょう!
ファイガで一撃がほとんどなのでさっさと一掃して先に進んじゃった方が楽そう。

ギガースシリーズの氷版、アイスギガースです。
能力的にはファイアギガースと大差がなく弱点狙いで攻撃していけば難なく倒せます。
相変わらずの攻撃力の高さはあるのでHPが低い時だけ注意しましょう!

こいつらは大したことない(終わり)ww

マインドフレイアは通常攻撃にデスの効果が付与されている超厄介なモンスターです。
こいつに初見殺しされてかなりキレそうになった覚えがあります(笑)
ホントひどいと思う・・・
戦う際は出し惜しみせずにファイガなどで一気にケリをつけよう!

もうすでに一人やられている画像ですが(笑)
ダークウィザードは魔法デスをつかってくる強敵。
道中でちらほら見かけてしまうのでマインドフレイア同様の早期決着を心掛けよう!
デスはわりと高確率で当たります。しかも防御力が高く2ターン耐えないと勝機は正直薄いかな・・・

出たな!ドラゴンめ!今度はホワイトドラゴンか!
ホワイトドラゴンと戦う際には先制攻撃をとれることが多いです。
そのため、先制攻撃を活かしたバコルドで吹雪の対策をしていくのが必須となります。
固定床エンカウントで2回戦う羽目になりますので、対策と回復はしっかり行おう!
ちなみにダンジョンのなかで手に入るフレームソードを入手したらかなり楽にクリアできるのでぜひ入手しておこう!

イビルアイは浮遊石の宝箱の前で出現します。
ごめん。正直弱くて書くことなかった(笑)
戦士の一撃で終わったので情報ないです、はい(笑)

砂漠で飛空艇入手

飛空艇の情報はほとんどなく、これも正直探すのに苦労します。
そういえば南の砂漠が明らかに怪しいですね・・・とりあえず行ってみましょう!

砂漠の中で浮遊石を使うと、メッセージが出ます!
どうやら砂漠で当たりみたいだったらしいです。

やったー無事に飛空艇を入手!これで楽に移動できるようになった!
それでは今回はここまで!お疲れ様でした!

夜月明菜

最後まで読んでいただきありがとうございます!良ければ次回もみてくれると嬉しいわ!

©1987、2010 SQUARE ENIX CO。、LTD.All Rights Reserved。
ロゴと画像のイラスト:©1987、2007天野喜孝

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる